投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。, 「老後資金は3,000万円で足りる」はもう古い!? そこで、今回は心がけるという言葉の意味も使い方も全てみていきたいと思います。心がけるという言葉の使い方を学んだら、使える場で使ってみてください!, 心がけるの意味を見ていきましょう!心がけるとは、「忘れないようにする」とか「常に気に留めておく」という意味があります。 人として忘れてはいけない気持ちを表しているようにも感じるため、心がけるの類語が「胸に刻む」というものになるということは覚えておきましょう!軽々しく使えなくても色んな場面で使う可能性があるものです。, 心がけるの類語には「記憶する」というものもあります。例文にすると「成功の方法を記憶する」です。記憶することで同じことができるという意味にもなります。 「心を鬼にする」という言葉がありますが。辞書を調べてみた結果、「気の毒に思いながら、その人のためにやむなく厳しくする」都いう意味です。中国語なら、鸡蛋里面挑骨头,吹毛求疵って意味だと思ってもいい... Are there levels of formality in your language? 心がけるの意味を知ると、心がけるという言葉の使い方も覚えておきたいでしょう!次は、心がけるの使い方をチェックしましょう!, 心がけるの使い方を紹介します。心がけるを使うときは、「○○を心がける」などのように何かに対して気を留めておくという使い方をしていきます。 この時の「心掛ける」とは、どういう意味なのかピンときませんでした。 次回は、しっかりと値引きをするよという意味なのか、心に残しておくというだけで値引きはする気が無いのか、分かりませんでした。 ️心がける、ってどういうこと? 「心がける(心掛ける)」とは、そもそもいつも 覚えていないと大変なことになってしまうことを「心に留めておく」という意味で使う「覚えておく」です。この場合も、絶対に忘れてはいけないことなので、大事な約束をしていると思って使う言葉になります。, 心がけるには、「胸に刻む」という類語もあります。例文にすると「感謝の気持ちを胸に刻む」とか「応援してくれている皆のことを胸に刻む」などです。 心がけるとは? 心がけるは類義語も多く、心掛けると間違われることもあります。心掛けるは嗜むというような意味です。使い方が違うので注意しましょう。日本語は同じ発音の言葉でも意味合いの違う言葉がたくさんあります。「こころがける」もその一つです。 例えば、「ダイエットを心がける」と言いますが「ダイエットに心がける」とは言わないでしょう。「注意を心がける」とは言いますが、「注意に心がける」とは言いません。 簡単に守れないことを「心がけます!」と言ってしまうと相手を裏切ることになってしまいます。そのため、簡単に使ってしまわないように気をつけておいたほうがいいでしょう。 それほど違いがある訳ではありませんが、「気を付ける」は注意の表現としてのみ使うと覚えておけばいいでしょう。. 」, 太宰治「猿面冠者 can love happen twice? ・・・るだけ疲れないように心掛ける。棘一つ立てないようにしよう。指一本詰め・・・ 梶井基次郎「城のある町にて 心がけるは類義語も多く、心掛けると間違われることもあります。心掛けるは嗜むというような意味です。使い方が違うので注意しましょう。日本語は同じ発音の言葉でも意味合いの違う言葉がたくさんあります。「こころがける」もその一つです。英語にも心がけるという意味を持つ言葉がります。心がけるはどんな使い方をするのか、例文とともに解説していきます。, 心がけるというのは、心の奥に置いておく、忘れないように覚えておくという意味があります。ただ心の奥に置いておくだけではなく、それを常に思い出し心がけた内容を忘れないという意味もあります。心がけるというのは、ありとあらゆるシーンで使います。どんなシーンでも意味合いは同じですが、ちょっとニュアンスが変わります。, 学校でもビジネスでも、日常生活でも心がけるという言葉は幅広く使われています。言葉には出さなくても心ではいろんなことを思います。思ってもすぐに忘れてしまうのではなく、毎日のように思い出すのがポイントです。「心がける」は比較的意味もわかりやすいですし、意識しなきうても使っていることがあります。, 心に刻むというのは、記憶に強く残るような感動的な出来事に対して使われることが多いです。心がけるというのは日頃から気にかけ忘れないようにすることですが、心に刻むは自然といい記憶や感動的な出来事としてなにかの拍子に思い出すようなイメージを思い浮かべるとわかりやすいでしょう。例えば恋人からサプライズでプレゼントをもらって、そのことがとても嬉しく一生のいい思い出になるような時、その出来事やその時の気持ちなどが心に刻まれるのです。, 肝に銘じるというのも、簡単に忘れないようにしっかりと自分の中で覚えておくことです。この場合の忘れないようにというのは、痛い思いやヒヤっとするような苦い経験をしていることが前提となります。ここが肝心というように、重要な意味合いを持つ時にも肝という字を使います。実はこれ肝臓のことを意味しているのを知っていましたか?肝臓というのはとても重要な臓器ですから、大切な肝臓に刻み込むように覚えておくという意味合いがあります。, 胸に刻むは、いろんなシチュエーションで使われます。そういう意味では心がけるとよく似ています。嬉しい時のことを胸に刻むという使い方もできますし、悲しい出来事があった時それを胸に刻み忘れないようにするという使い方もできます。大切な思い出を胸に刻み、これから新しいスタートを切るというような使い方もあります。, 留意するは、どちらかというと軽いニュアンスで頭の隅に入れておいてというような意味で使われます。注意すると同じような意味合いで使われることもありますが、注意が行動に対するものとすると、留意は意識に対して使います。注意には警告や忠告という強い意味合いもありますが、留意はそこまで強くはありません。念のため覚えておいてくださいね、というイメージです。, 記憶するもどちらかと、留意に近い軽いイメージです。記憶するというのは頭で覚えることですから、メモに取り記録として残すより若干曖昧なところもあります。例えば何か自分の行いに悪いところや改めるべきところがあり、それを人に注意されたというような場合に「注意されたことを記憶にとどめておきます」と反省していることをアピールするという使い方ができます。しかし記憶しても、それをきちんと覚えているかいないかは本人次第なのです。, 忘れない!と言い切るのではなく、忘れないようにするとちょっと逃げ道を作っているニュアンスにも受け取れます。例えば学校などで皆が注意しなければいけないようなことを、先生がホームルームの時間に「○○だということを忘れないようにしましょう!」と話をします。生徒たちは「はーい!」と返事をしても全員が覚えていられるわけではないので、ちょっと軽めの注意などに使います。, 脳裏に焼き付けるは、記憶するという意味では一番強い言い方です。例えば何かショッキングなシーンや現場を目撃してしまった時、誰でも驚きますし悲惨なほど強く記憶に残ります。脳裏というのは頭に残るという意味ですから、時間が経ってもその時のショックな気持ちや驚いた気持ちが頭にはっきりと残る(記憶される)ので、焼きついて離れないというような使い方をします。ショックや衝撃が強いほど鮮明な記憶として残り、蘇る時もはっきりと思い出せるのです。, 努力というのは自分で頑張らないとできません。頑張るか頑張らないかは本人次第です。何かを注意され、今後どうしていくつもりかを問われた時、「○○するよう努力します!」と決意表明にも使えますが、その場しのぎにも使えるのである意味では便利な言葉です。心がけるもとりあえず体裁を取り繕う時に使えるので、そういう意味では似ているかもしれません。, 自戒は読んで字のごとく、自分自身を戒めることです。普段はあまり使わない表現ですが、意味合いはちょっと重めです。例えば人が失敗した時それを見て自分も失敗する可能性がある時、人の失敗を非難したり批判したりするのではなく、自分がそうならないよう自戒の念を持つというような使い方をします。要は人のふり見て我がふり直せというようなイメージで、それを心の中で誓うのです。, 勤しむというのは、頑張るとか精を出すという意味があります。よく使われるのは、仕事に勤しむ、勉学に勤しむなどです。朝から晩まで一生懸命働く、食事の時間を惜しむように一生懸命勉強するというイメージです。特別な時だけ頑張るのではく、毎日続けるのが勤しむということです。日常会話で勤しむを使うことはあまりなく、どちらかというと「精を出す」とか「精が出ますね」というような使い方をする方が多いかもしれません。いずれの場合も勤しむという意味です。, 食事は人が生きていく上でとても大切なものです。ただ食事をしていればいいというものではなく、栄養バランスが大切です。好き嫌いが多く偏食をしたり、不規則な生活で食事を食べたり食べなかったりという生活をしていると、健康被害が及びます。しかし大抵の場合は、食事の重要さが分かっているようでわかっていません。健康を害して病気になったり、栄養バランスが偏ったことで体調不良になるなど痛い思いをしないとわからないものです。そんな時、今までのことを反省し、栄養バランスを考えた食事を摂るよう心がけるのです。この場合の心がけるは、毎食考えるという意味も込められています。, どんなものにもマナーがあります。日本語では作法や礼儀ということもあります。マナーを守るのは当たり前のことであり、マナーを守れないまたは、守ろうとしない人は非常識な人となってしまいます。自分が恥をかくだけならまだしも、その場にいる人に迷惑をかけることもあります。マナーを守れない人は人を不快にしますし、1人の人間としてとても恥ずかしいことなのです。幼い子供なら、まだ小さいから仕方ないと許されることもありますが、大人はそうはいきません。友達や家族が一緒にいれば、友達や家族にも恥をかかせることになります。マナーを守らなかったことで、恥をかいたり批判されたりした時、二度とこういう思いをしないようマナーを心がけると誓うのです。, 片付けが面倒でついつい部屋が散らかってしまうのはよくあることです。休みの日に一気に片付けようと思っていた矢先、急に家族や友達が遊びに来た!なんて時、片付けようと思っていてもすぐには片付けられません。仕方なく適当にものを集め押し入れに隠した。隠したつもりが無理やり押し込んだので、扉が開き服や物が散乱してしまい掃除をしていないことがバレてしまった…となるとさすがに恥ずかしいものです。日頃からこまめに片付けておけばこんなことにならなかったのに、と言うような経験をすると部屋をキレイにしておくよう心がけるようになります。, 地球温暖化とかCO2問題とか言われても、実際にどれだけの影響が出ているかはほとんどの人が知らないまま生活しています。1人くらい適当でも大丈夫でしょう、なんて思っていても地球上で生活している人は何十億人問いますので、皆が適当なことをしていればこのまま地球環境はどんどん破壊され、温暖化も進みます。その証拠に北極や南極では、氷が溶けそれにより氷の上で生活している動物たちが行き場をなくしています。氷山が溶ければ海の水が増え海面が上昇し、海に沈んでしまう島も出てきています。, 普段はなかなか見ることができない、遠くで起きていることを知った時、1人でも節電を心がけることの大切さを痛感するのです。節電を心がけることで、地球環境にも配慮できますし、電気代など光熱費を節約できるというメリットも生まれます。, 誰だって傲慢で自分勝手な人は嫌いです。自分ではそう思っていなくても、実際は傲慢な態度で人に嫌な思いをさせたり、自分勝手な行動で人に迷惑をかけていることもあるかもしれません。こういうことは、きっかけがないと気づかないままということも少なくありません。実際に自分の近くに傲慢な人や自分勝手な人がいたらどう思うでしょうか?自分はそんなことないと思っていたのに、実は傲慢で自分勝手だったと誰かに指摘されたら…。さすがにショックを受けるでしょう。こういう時に、謙虚さがどれだけ大切なのかがわかるのです。そこで思うことが、謙虚さがでいられるよう心がけることです。, 心がけるというのは、自分自身の決意というか気持ちです。何かがあった時それに対して、これではいけないとかこのままではダメだと思った時、悔い改めようとし同じ過ちを繰り返さないよう心がけるのです。しかし心がけても、本当の気持ちが伴わないと心がけたことを忘れてしまいます。心がけたつもりなのにそれが足りないので、つもりになっていただけで実はきちんと心がけができていなかったのです。これでは何度も同じ過ちを繰り返してしまいます。そんなことを続けていれば、いい加減な人と思われ周囲の人がいなくなってしまうかもしれません。心がけがはつもりではダメなのです。すぐに忘れないよう、毎日思い続けることが大切です。, 人は誰でも失敗をします。時にはあってはならないミスもあるでしょう。ミスや失敗でもその場で収拾がつうようなケースならまだいいかもしれませんが、収拾がつかないような重大な失敗は多くの人に迷惑をかけることになります。大したことはないと思っていても、実は取り返しのつかない大問題に発展してしまうこともあるかもしれません。それでもなんとか汚名返上できた時、失敗を教訓にして同じ過ちを繰り返さないよう心がけるのです。この場合も喉元すぎればなんとかではダメです。常に失敗しないよう慎重に丁寧に取り組む必要があります。失敗はあってもそれを生かすことができればやり直すチャンスはあります。, 努力が必要なことを楽してなんとかしようとしても、それは無理というものです。楽してできるなら誰だってその方法を知りたいと思いますが、それでは人は成長できません。努力をするのは並大抵のことではなく、辛いことも多く泣きたくなることだって多々あります。そういう努力をせずに何かを得ようとすると、必ずと言っていいほど失敗します。こういう時、人は自分の過ちに気づき、コツコツと真面目に取り組むよう心がけるのです。失敗しても、自分の悪いところに気づきそれを改善できるのは自分にとってもメリットになります。心がけはとても大切なことです。, 車はとても便利な乗り物ですが、一度事故を起こせば怪我もしますし最悪命を落とすこともあります。自分が注意していても、ほかの人が運転する車が突っ込んで来ることもありますし、信号待ちで停車していたら後ろから追突されるということもあります。事故は誰にも予測できず、おいつ起きるかわかりません。ベテランドライバーでも初心者でも、事故が起きる時は起きます。もしも自分が事故を起こしてしまったら、自分ではないけど目の前で事故を目撃してしまったら、いろんな意味でショックです。そういう時安全運転を心がげ洋と思うのです。特に自分で事故を起こしたり、事故の被害にあったことがある人は心から安全運転の大切さがよくわかります。これは車を運転する時、いつも心がけることが大切です。, 「心がける」と「心掛ける」は、口に出すと全く同じ発音です。文字にすると違いますが、実際には意味合いも少し違っています。「心がける」と「心掛ける」の違いを説明します。, 心がけるは、心に留めるとか常に思いの中に置いておくというような意味があります。毎日の生活で気をつけたいと思っていることや、学校や仕事で毎日することについていつも注意して心に置いておくというニュアンスです。心がけると誓ったらそれを忘れず、継続することが大切なのです。, 心掛けるは、心に持つことという意味があります。嗜みや心得という意味合いもあって、心がけるが気持ちだとすると、心がけるは心に常に持っておくものと考えるとわかりやすいです。ちょっと難しいですが、心がけるは常に思うことで、心掛けは普段の行いに通ずるものがあります。何か嫌なことがあった時、「普段の行いが悪いからじゃないの?」なんて冗談で言われることがありますが、心掛けは普段の行いと捉えることができます。, 心がけるは英語で、Keep in mindとなります。意味も肝に銘じるとか、心に刻むというニュアンスです。日本語と使い方もほぼ同じです。心がけるは常に思うという意味がありますが、これは英語のkeepが該当します。in mindは心の中にという意味ですから、ほとんと日本語の心がけるのままと思っていいでしょう。英語の場合も人の忠告を忘れないようにするとか、痛い思いをしたことを教訓にするというような使い方をします。英語の心がけるでも、早寝早起きを心がけるというフレーズがあります。英語の場合は健康志向の意味合いが強いですが、早寝早起きをするといいことがあるというのは日本語お同じです。, 心がけるはよく聞くフレーズですが、使い方次第で意味も変わってきます。類語も多いので使う時は、間違わないようにしたいですね!日常生活でも多く使われているので、機会があったら使ってみたり、自分の中で心がけるのもいいかもしれません。, 「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。

税理士報酬 源泉 逆算 5, 王将戦 罰ゲーム 佐藤 17, セルティ 新羅 ラブラブ 4, ベートーヴェン ヴァイオリンソナタ 名盤 5, Ivcam 起動できない Pc 45, 子猫 体重 2ヶ月 5, ラピッド ターン オーバープロテイン 9, 樋 バンド Cad 5, ベニスズメ 幼虫 蛇 32, 乃木坂46 ベストアルバム 2020 55, Beat Audio Westone 4, ぎぼむす 子役 男の子 4, アザラシ 泳ぐ 速さ 39, 高田純次 クギズケ 休み 4, 鉄塔 高さ 平均 4, シャニマス ソロコレ アソビストア 14, 青 中国語 漢字 10, 長吉中学校 バスケ 部 4, Pso2 おすすめユニット Op 36, フクロウ 耳 位置 4, Steam Link 音が出ない 14, 新條 由芽 無料 画像 13,