「ベストヒットUSA」の波紋| Musicman-NET, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ベストヒットUSA&oldid=79771473, ヴェイパー・トレイルズ(ヴィーティーズ)『Don't Worry Baby』(邦題:サーフ・サイド・フリーウェイ), HOT MENU :話題のアーティストを取り上げる。フリーエリアでスタッフ全員選曲に命を懸けていたという。レコード会社のプレゼンも激しく、オンエアされると週明けにバックオーダーがかかる状態だった, 大いなる伝説 The Legend:有名アーティストの半生について、イラストを背景に小林がナレーションする。本コーナーで最初に取り上げた, TIME MACHINE :いわゆる「今日は何の日」。テレビ版はBS朝日の放送日を元にしていたが、2020年8月から内容を変更し、コーナーで流す洋楽の歌詞の日本語訳を小林がイントロダクションの朗読をした後、英語字幕付きで曲が流れる。その際、毎回異なる挿し絵を各界で活躍するクリエイターが担当している。, HOT MENU :話題のアーティストを2組取り上げ、ミュージックビデオを放送した。, COUNT DOWN USA :「ラジオ&レコーズ」のランキングデータを基に、まず20位 - 11位までの紹介をして、そのうちチャート上昇中の曲のミュージックビデオを、一部編集するなどして放送した。その後10位から1位の紹介があり、1位の曲はミュージックビデオを放送した。, TIME MACHINE :ある年にヒットした曲のミュージックビデオを、アーティストの説明や、同時期にヒットした曲とともに小林克也が紹介した。時折1960年 - 1970年代のアーティストを取り上げており、, STAR OF THE WEEK: 新譜を発売したり来日したアーチストを取り上げて、最新ヒット曲のミュージックビデオやインタビューを放送していた。年に数回、小林克也が現地で取材したインタビューを放送しており、またスタジオライブが放送される事も度々あった。「TIME MACHINE」と「STAR OF THE WEEK」は、どちらかのコーナーが特集のため、延長される場合には、もう一方のコーナーは休止となった。, 8年間の放送の間に、スタジオセットは数回変更されたが、タイトルロゴのネオンサインと、柱に取り付けられていた「ON AIR」表示と年号の入ったボードは、終始変わることなく配置されていた。BS朝日版のスタジオセットにも、それらは受け継がれている。, 毎年最後の放送は、放送枠が通常の45分から拡大され、年間チャート(20位 - 1位)紹介の後、「STAR OF THE WEEK」の特集が放送された。取り上げられるアーティストは2組で、いずれも小林克也による海外取材であり、インタビューの時間も長めで、ミュージックビデオもカットされることなく放送された。, 最終回の放送は、8年間にスタジオを訪れた全アーティストを、インタビューの抜粋や写真で紹介し、またミュージックビデオのなかで、特に印象に残るビデオを紹介した。最後は、第1回の放送で1位を獲得したジョン・レノンの「, バックナンバーから、過去の放送内容を確認することもできる。放送された内容をテキストで知ることができるのは、2009年3月現在この携帯サイトのみ。PCサイトでは同様のサービスは行われていない。, 当初のオープニングテーマ曲は、長年使用されてきた「ヴェイパー・トレイルズ(VT's ヴィーティーズ)」の『Don't Worry Baby』(邦題:サーフ・サイド・フリーウェイ)。元々はアメリカの, ヴェイパー・トレイルズのイギリスでの正式デビュー名は「VT's」であった。当時、ポリスターレコードから「Autum Breez」というアルバムが発売されたがジャケットは全く変更されていた, 2015年に入ってからは、スタジオにゲストを招き、洋楽に関するトークをしながら曲を紹介するというスタイルでの放送が増え、これまでに, 2015年1月6日放送の「タイムマシーン・スペシャル第1弾」(ゲスト:Zeebra)と1月13日放送の「タイムマシーン・スペシャル第2弾」(ゲスト:松任谷由実)は、当番組としては初の生放送だった。(放送日はいずれもBS朝日でのもの). 血液型: a型. どんな音源をダウンロードしていいのか、どんなCDを買ったらいいのか迷うところ。 小林克也自らのナレーションで紹介する新しいコンピレーションCD 全てのベストヒットUSAファンに捧げる! - 50時間テレビ - 55時間テレビ - ニュースステーション - ミュージックステーション - 報道ステーション, 『ブルータスたちの芳醇な自叙伝 この人を見よ。』(マガジンハウス、1988年)p.73, Mr.DJ 小林克也さんに捧ぐ - 81.3 FM J-WAVE : BEHIND THE MELODY, 第16回 小林克也 氏 | Musicman-NET6. 1981年テレビ朝日で始まった伝説の洋楽番組「ベストヒットUSA」は 今年に入ってアメリカのヒットチャートを聴くようになった。分かった上でグラミー賞を見たらよりおもしろいと思ったからである。 そこでNACK5で土曜日の12時から放送している「小林克也 ベストヒットUSA」を聞くようになった。ラジオチャートの紹介なので、ビルボードのチャート … 一覧に戻る. ネットで気軽にPVが見られる時代だからこそ、どの楽曲を見たらいいか、 小林克也 こばやし・かつや 【プロフィール】 広島県出身3月27日生. EARTH, WIND & FIRE 結成50周年記念ベスト 今年に入ってアメリカのヒットチャートを聴くようになった。分かった上でグラミー賞を見たらよりおもしろいと思ったからである。, そこでNACK5で土曜日の12時から放送している「小林克也 ベストヒットUSA」を聞くようになった。ラジオチャートの紹介なので、ビルボードのチャートやSpotifyのチャートとも異なる。小林克也さんが分かりやすく解説してくれるので、知識がなくても楽しめる。, ここ最近、小林克也さんが懸念しているのは、音楽の聴き方がストリーミング配信に移行したことで、曲の消費が早まっているということ。同じアーティストの曲が2,3曲ランクインすることが普通になっている。, BS朝日でも放送しているが、NACK5で紹介しているチャートのほうが最新みたいだ。, そして、その週のチャートを丸ごとプレイリストしたものがなかったので作ることにした。上から順番に1位から20位になっている。毎週更新するので、利用したい方はぜび使ってください。, Spotifyの「日本 トップ50」を見ると分かるが2曲しか洋楽がランクインしていない。裏を返せば、邦楽シーンが充実しているということだ。しかし、アメリカのヒットチャートは邦楽シーンにないおもしろさと奥深さがある。いまこそ、ベストヒットUSA!, 『ベストヒットUSAとは、小林克也氏がDJを務め、FM NACK5で土曜日の12時から放送されている番組(BS朝日では金曜日の24時から放送中)で、アメリカにある、157の主要なラジオ局で流れる曲の放送回数を集計し、そのTop20を紹介している。Billboardのチャート紹介ではなく、この番組独自のラジオチャートである。このラジオチャートで重要なのは、順位ではなく"放送回数の上昇"。ストリーミングのチャートとは違う面白さがある。その週のプレイリストが存在しなかったので作り、ついでに記録を残したいその一心で、noteに書いている。』, 小林克也 Best Hit USA | NACK5 | 2019/10/23/水 | 24:00-25:00 http://radiko.jp/share/?t=20191024000000&sid=NACK5, http://radiko.jp/share/?t=20191024000000&sid=NACK5. 『ベストヒットUSA』(ベストヒット ユーエスエイ)は、ラジオ&レコーズ及びビルボードのデータを元にしたアメリカのヒットチャートを紹介する番組である。BS朝日(テレビ朝日ほかでも放送)、およびNACK5などで放送されている音楽番組。また、過去に幾度か放送局を変えて放送されていた番組の総称である。また、2014年に東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX、092ch)でも放送開始。BS朝日の放送をベースに30分に縮小し、2コーナーもしくは3コーナーの放送である。, 1981年4月、テレビ朝日系・ブリヂストンの一社提供番組『Bridgestone Sound Highway ベストヒットUSA』(ブリヂストン・サウンド・ハイウェイ - )として番組スタート[1]。アメリカで人気を集めるポップスやロックにスポットライトをあて、最新のヒットチャート、注目の楽曲の紹介をプロモーションビデオを交えて放送し、深夜の時間帯にもかかわらず人気を博した。, 当時テレビではなかなか触れることの出来なかった洋楽ロックの魅力を豊富なメニューで紹介し'80年代の洋楽人気を牽引、これを切っ掛けにロック・ファンになったり、洋楽アーティストへの興味が深まった人も多い[2][3][4][5][6]。, この番組が始まるまでは、日本で"海外アーティストが動く姿(映像)"を目にするのは、NHKの『ヤング・ミュージック・ショー』か、今野雄二が出演した水曜日の『11PM』(日本テレビ/読売テレビ)で、断片的に見られる程度であった[3]。結果的に80年代は日本の歴史上いちばん洋楽がお茶の間に侵食した時代となったが[3]、その最大の洋楽VC番組が『ベストヒットUSA』であった[3][7]。『ベストヒットUSA』は日本のミュージシャンやクリエーターに多大な影響を与えた[3][5][6]。, 1989年まで8年間放送され、いったん番組は終了。その後、CS放送の1チャンネル・レッツトライ(現:ヒストリーチャンネル)にて『ベストヒットTODAY』( - トゥデー)として復活(違うのはタイトルだけで中身はほとんど同一)。地上波でもTOKYO MXや中部日本放送(現:CBCテレビ)、北海道テレビ、青森朝日放送などで放送されていた。, 2000年4月、今度はVIBE(現:MTVジャパン)で『THE ベストヒットUSA』として放送されるも、同チャンネルがMTVジャパンとして新装を図った際にいったん放送終了。しかしテレビ埼玉(独立局)で30分番組として復活した(CBCテレビ他一部地方局でも放送)。, 2002年の正月、テレビ朝日の単発特番として以前放送していたテレビ局で復活する(この際はスポンサーもブリヂストンだった)。2003年からはBS朝日で本格的に復活、2005年からは『ベストヒットUSA 2005』にタイトルを改め、最新のヒット曲はもちろん、第1期世代向けに往年の曲にもスポットを当てている(番組名の西暦表記は改まると変わる。よって2017年現在の番組名は『ベストヒットUSA 2017』)。基本的に以前とフォーマットは変わらない[8]。, また、テレビとは別にFM局のNACK5では、『小林克也 Best Hit USA』のタイトルで放送されている。音声のみの放送であり、一部コーナーが異なる。元々は金曜日の番組『ファンキーフライデー』の1コーナーであった。2020年3月25日の放送にて、4月より、木曜日0:00(水曜日深夜)から土曜12:00への放送時間変更となることが発表された。, 番組の歴史は1980年秋、ブリヂストンがタイヤ市場に於いて「10代から20代をターゲットにした洋楽番組を作りたい」との提案が博報堂に持ち込まれたことに始まる[9][10]。博報堂の下谷一博(元博報堂プロデューサー)らを中心に企画が進められた。下谷は当時、テレビ・ラジオの企画の他、ハリソン・フォードやシャロン・ストーンなど外国人タレントを起用したCMの契約や交渉、クインシー・ジョーンズやスティーヴィー・ワンダーなどのコンサートを手掛けていた[9]。自分たちで立てた企画でスポンサーを説得してテレビ局に持ち込むという仕事の一つが当番組であった[9]。, 折しも博報堂では、従来とは異なる番組を開発する部門が立ち上がったばかりであった。この部門が「1980年代には、日本の家庭で1世帯につき2台のビデオデッキを保有することや、テレビ番組をビデオデッキで録画してから個別に視聴することが当たり前になる」と予測したことを踏まえて、部屋ごとに置かれたテレビでの(録画を含めた)視聴を想定したうえで、ブリヂストンからの提案に応じた。, パーソナリティは小林克也しかいないと最初から決められていた[9]。音楽的知識も豊富で声もいい、通訳なしでインタビューができるし、特定のジャンルではなく幅広く音楽を語れる、適任という意見で一致した[9][11]。当時ラジオで『スネークマンショー』をはじめ多くのレギュラー番組を持つDJ・小林は、実験的新番組にはうってつけの人選ではあった[12][13]。ところが小林はラジオの仕事が忙しく、たまに頼まれて出て観ていたテレビの仕事の進め方も好きではなく、テレビ出演には乗り気でなかった[8][11][14]。しかし断りきれず、まぁ半年ぐらいならいいかと引き受け、ライフワークのようになってしまった[9][12][15]。軽妙洒脱なトークと洋楽トリビアは今なお健在である[3]。, 番組の基本コンセプトを作ったのはディレクターの津島秀明であるが[16]、小林も多くの意見を出した[16]。深夜時間帯のための番組試作品企画が進められた[12]。単にビデオクリップを並べるだけではつまらないので、チャートのカウントダウンやライブ映像を取り入れることが決まった[9]。本来はアメリカのウルフマン・ジャックが司会を務めていた「Midnight Special(英語版)」という番組の素材をベースに制作する予定であったが、本国でこの番組が終了してしまったため、独自制作の必要が生じた。, なお、試作の間に、企画制作の担当者が博報堂から東北新社へ移行。「(制作陣の)好きなことができる」という単独提供方式が採られたため、ブリヂストンは通常より長い1分間のCMを当番組向けに出稿した[17]。, 番組の開始は1981年4月で、MTVの開局より4ヶ月早い[16]。開始当初は、アメリカのアーティストでも誰もがビデオクリップを作っていたわけではなく[16]、日本のテレビ局では23時台に放送する番組作りに総じて力を入れていなかった[17]。, 前例のない番組でスタートは「ワケ分からない状態[8]」。それまでの日本人の洋楽の聴き方は独特で、「ミュージック・マガジン」のような雑誌を読むインテリ層と「ミュージック・ライフ」などを読むミーハー層のどちらかのような狭い層に分かれていて[8]、そこへ『ベストヒットUSA』がビデオクリップといういきなり映像でアーティストが分かるという新しいメディアを持ち込んだため、一気に一般の層にまで洋楽を浸透させることになった[8]。小林は「スタート直後は、ラジオみたいなことをテレビでやってどうすンだ」とかよく言われ[12]、小林自身も「どうせ半年くらいで終わるんだろう」と思っていたという。しかし、番組開始から半年後に小林がテレビ朝日のディレクターの結婚式へ招かれたところ、同席していた社長(当時)の高野信から「小林君、あの番組ちょっと続くよ」という発言を耳にした。小林はその発言に耳を疑った[17]が、実際には人気にたちまち火が付いたばかりか、洋楽入門的な番組として定着[12]。当の小林も、「放送開始から1年ほど後で他局から対抗番組が出て来た時に、人気を実感した」という[8]。ちなみに、ブリヂストンは番組の全盛期に、ショーン・コネリーを起用した1分間のCMを当番組向けに出稿している[17]。, 『ソリッド・ゴールド(英語版)』という番組の口パクライブやダンサーが曲に合わせて踊ったりしている映像を使うように指示されたが、このビデオクリップ使用に当たり、洋楽レコード各社が一致協力して応援した[10]。しかし音がよくなくレコードの音に差し替えた[10][16]。当時はタワーレコードもHMVのような店もまだなく、スタッフが南青山の「パイド・パイパー・ハウス」や「新宿レコード」などでレコードを探し回った[16]。, ラジオも含めて、海外の情報はまったくないような時代で、小林やスタッフは「ラジオ&レコーズ」の他、企業に頼むと早く取り寄せられることのできた「ビルボード」を読み込み情報を拡げた。「ローリング・ストーン」は当時月刊誌で「NME」も役に立たなかったという。番組で紹介していた「ラジオ&レコーズ」のチャートはアメリカで発売されて東京でオンエアするのは2週遅れ。地方では3〜4週遅れだった。, 1983年にマイケル・ジャクソンの「スリラー」が出たあたりから飛躍的にビデオクリップのクオリティが上がり、ほとんどビデオクリップをオンエアできるようになった[16]。, アルバムジャケットがドミノ倒しのように流れるオープニングのタイトルバック映像は[18]、下谷の依頼で、当時『ソウル・トレイン』日本版などを制作していたSpirit enterpriseによって制作された。次々とレコードジャケットが倒れてくる、という映像に用いられたレコードは同社ディレクターの上津原伸介の私物だった。番組開始当初のテーマ曲(後述)も上津原の選曲で、自ら当時の輸入レコード店ciscoにて発掘し使用を決定した。, 1989年9月に一旦終了するが、当番組のスタッフは、他局の音楽番組や新規に開局したテレビ局に高待遇で迎えられた[16]。一時、テレビ朝日の入社試験の面接でほとんどの受験者が「テレビ朝日の番組で見ていたのは『ベストヒットUSA』です」と答えたといわれる[9][11]。, 小林は「'80年代も僕から見るとつまらない音楽もありました。でも『ベストヒットUSA』はみんな紹介してきた。だから間口が広がって、いろんな人たち、'80年代に青春を過ごした人たちには相当インパクトがあったと思います」と述べている[8]。その一方で、「(1987年10月から毎週土曜日の23時台に関西テレビの制作で全国に放送されていた)『ねるとん紅鯨団』の人気が高くなるにつれて、(テレビ朝日以外の)他局が当番組と同じ時間帯にさまざまな番組をぶつけてきた(編成した)結果、洋楽の紹介に特化した当番組では視聴率を取れないことが分かった。さらに、このように23時台の番組で競争が増すにつれて、23時台の番組スポンサー料の水準が上がってしまった。テレビ朝日からブリヂストンにスポンサー料の引き上げを打診したところ、『同じ内容の番組で値上げされては困る』との意見が出されたため、『企画を(値上げに見合った内容へ)作り直したうえでまた(23時台に)ぶつけよう』ということで当番組の終了が決まった」とも述べている[17]。, ※2020年以降、"COUNT DOWN USA"、"HOT MENU"、"STAR OF THE WEEK"、"TIME MACHINE"以外のコーナーは事実上消滅している。, ※ラジオ版には"COUNT DOWN USA"と"TIME MACHINE"のみ存在する。, ※BS朝日以外のネット局は、BS朝日での放送時間短縮以前から25分短縮版を放送している。, ※1989年以前の初代版については上記とは別で、テレビ朝日系列局を中心に上記系列局(一部未開局地域では他系列局)などでの番組販売という形で放送されていた。, 『ザ・ベストテン』同様、1980年代を代表する音楽番組だったため、さまざまなパロディが作られた[3]。, かつてはデータ双方向通信を利用してリクエストを受け付けていたが、2010年秋 - 冬頃に終了した模様。現在は公式サイト内の投稿フォームでリクエストを受け付けている。, 2015年3月までは火曜 23:00 - 23:54に放送。2015年4月から金曜 23:00 - 23:30に移動・短縮。更に2016年10月からは金曜 23:00 - 23:24に短縮。2018年11月放送ではこの日時で放送されている。, 2017年10月16日放送分から2018年2月26日放送分までの放送日時で同日を最後に放送終了となった。2013年6月までは金曜 3:08 - 3:33(木曜深夜)。2013年7月から『, 2016年03月27日(日) - 今日は何の日? - CDJournal.com - カレンダー, 最初は不発? MJ『スリラー』の知られざる苦労話 | Michael Jackson, 第126回:ヒゲもクルマもないけれど、少年には愛がある『シング・ストリート 未来へのうた』, 【編集局から】『ベストヒットUSA』春の改編期も乗り越え継続 懐かしいオープニングも復活, 小室哲哉「なんでこの2組が?」森山直太朗やSCANDAL等との対談実現……キュウソネコカミとともまさかの邂逅 billboard-japan, Mr.DJ 小林克也さんに捧ぐ - 81.3 FM J-WAVE : BEHIND THE MELODY, 坂上 忍が語る、デヴィッド・ボウイの魅力「変化に対して勇気を持ったアーティストだ」 - Real Sound|リアルサウンド, カジ ヒデキが語る、80年代UKインディシーン「レーベルもやっていたS・パステルは神様でした」, 高田渡の『イキテル・ソング』──父の歌をうたうことへの想い 高田漣インタビュー 後編, 第16回 小林克也氏 6. Sony Music Labels Inc. 『Japanese Singles Collection : Greatest Hits』 名選手列伝100人の物語 Vol.1(2018年6月26日、, 中国新聞SELECT×RCCラジオ Veryカープ! その曲の源流を探すのもいいかもしれませんね。 現在は3つのラジオ局で週末、合計19時間の生放送音楽番組を担当中。いずれの番組も聴取率NO.1で名実ともにDJの第一人者。またテレビの司会者、映画俳優、ミュージシャンでも活躍する一方、多くの英会話の著書、教材を手がけ、多彩な才能を発揮している。, 「裏ベストヒットUSA-THE INFLUENCERS-」 小林 克也(こばやし かつや、1941年(昭和16年)3月27日 - )は、日本のラジオDJ、ナレーター、タレント、俳優。広島県福山市野上町出身[1][2]。広島大学附属福山高等学校卒業、慶應義塾大学経済学部中退。DJ第一人者[3][4][5][6]。「ミスター音楽」と呼ばれる事もある。愛称はKORBY(コービー)。福山ふるさと大使 第1号[7][2][8][9]。, 母親は教師で母子家庭だった[10]。小学校3年生の頃、ラジオで岩国基地からの極東放送(FEN)を聴いたことから耳で聴いた英語に興味を持ち始め、小学校6年の終わりごろから親戚の知り合いから英語を習い始め、英語の発音を徹底的に教えられる[10][11][12][13]。中学時代はボイス・オブ・アメリカやオーストラリア放送などを短波で熱心に聴取[10]。1955年、ロックンロール元年を告げるビル・ヘイリー・アンド・ヒズ・コメッツ「ロック・アラウンド・ザ・クロック」も短波で聴いた[10]。エルヴィス・プレスリーをはじめとするロックに夢中になる[11][13]。, 広島大学附属福山高等学校にトップ合格した後も英語に熱中し、将来は英語を活かす仕事をすると決めていたため、幾何学など英語以外の科目はどうでもよくなったという[14]。このため、大学受験では東京外国語大学なども受けたが英語以外の成績に問題があったことから合格せず、英語の配点が多い慶應義塾大学経済学部に入学[14]。慶應義塾大学在学中に運輸省の通訳案内業国家試験に合格し外国人相手の観光ガイドのアルバイトを始めるも、こちらに精を出し過ぎ、好きな英語でも経済学の英語原書には全く興味を持てず、大学を中退。外国人相手のナイトクラブなどの司会を本業とした[4][15]。1970年、『バブリング・ポップス』(ラジオ関東 = 現・アール・エフ・ラジオ日本)のDJで電波デビュー[10]。この番組はワーナー・パイオニアの新譜(主に洋楽)を紹介する番組で、その英語力と、素晴らしい声質を活かし、一気にラジオ界の寵児となる[4][16]。, 1976年から選曲家の桑原茂一、俳優の伊武雅刀らともにラジオ大阪でラジオ番組「スネークマンショー」を開始[17]。「スネークマン」の名は、小林が米国のDJウルフマン・ジャックのパロディとして登場させたキャラクターが由来である(小林が巳年生まれのため)。当初はDJスネークマンによる音楽番組であったが、後にDJのオーディションで知り合った伊武雅刀を誘って[18]、小林がキャラクター「咲坂守」などで2人の掛け合いによるコントを番組の曲間に挟む形式になった。当時としてはシュールで過激、不謹慎、下ネタを連発するコントがやがて話題を呼び、大阪ローカルから東京に進出しマニア的なブームを起こした。さらにテクノポップバンドYMOが自身のレコード『増殖』に『スネークマンショー』を収録し、武道館でライブを一緒にしたことにより、音楽業界への知名度を上げたのはもちろん、後のエンターテイメントにまで幅広く影響を与えた[19][20]。, 1980年代の漫才ブームを起こしたことで知られる『THE MANZAI』(フジテレビ、1980年〜1982年)の斬新な演出の一つとしてナレーションにアメリカナイズされた小林が起用された[21]。, 1981年にスタートしたテレビ朝日の音楽番組『ベストヒットUSA』では司会(VJ:ヴィジュアルジョッキー)を務め、洋楽ミュージックビデオを紹介[5][22]。数多くの来日アーティストに小林自らインタビューを行うなど、本格的な洋楽番組として名を馳せた。2003年からはBS朝日・NACK5などで継続中。, 『ベストヒットUSA』を観た石井聰亙からのオファーを受け、1984年『逆噴射家族』で主演デビュー[10][22][23] 本作での怪演っぷりも評価された。2013年の宮藤官九郎監督作『中学生円山』で、平岡拓真演じる主人公の名前「円山克也」は『逆噴射家族』での小林克也が由来と宮藤は話している[24]。, 1982年に結成した中年バンド「小林克也 & ザ・ナンバーワン・バンド」でのアバンギャルドな音楽活動でも知られる。ハワイ移民の広島弁をフィーチャーしたデビュー曲「うわさのカム・トゥ・ハワイ」は日本語ラップのはしりとして一部に評価が高い[25][26]。桑田佳祐は自身の「ラップの起源は『うわさのカム・トゥ・ハワイ』。あれを克也さんに聴かされて、それにちなんで他のラップのアルバムを1、2枚聴いた」と述べている[27]。, 現在でもラジオDJとしてレギュラー番組を多数抱え、リスナーに絶大な支持を受けている。日本に長年に亘り洋楽を紹介した功績は限りなく大きい[6][18][19][20][28]。小室哲哉は「小林克也さんのあとを継ぎたいとずっと思っている」と話している[29]。『小林克也のSUPER DANCE BEATS』など小林の名を冠したCDがいくつか存在する。また、語学力を活かし、英語関連の著書、教材も多数手掛ける。, 2018年8月には、NHK-FMで「小林克也の音楽グラフィティ」を5夜に亘って放送し、ピーター・バラカン、山下達郎、亀淵昭信らと鼎談を繰り広げた[30]。同番組の中で「ベストヒットUSA」では自分の好きな曲はほとんどかからず、ピーターがうらやましかったと秘話を明らかにした。同年、放送人の会[31]より特別賞を贈られる[32]。, 2020年8月現在、nack5版のベストヒットUSA、RCCカープナイターのタイトルコールを除き、全ての出演番組で朗読コーナーを設置している。, 上記のうち、『ファンキーフライデー』『お願い!DJ!』『ZIP HOT 100』の3番組はいずれも4時間以上の長時間生放送番組であり、放送日もそれぞれ金曜・土曜・日曜と連続している点は注目に値する。しかし、『ZIP HOT 100』は本人の意思により3月26日放送をもって降板した。詳しい経緯は 小林克也のRADIO BAKA の「3つ目のボタン」中の『小林時々日記』に書かれている。, SINJI2001.10.6-2009.3.28 / 有坂来瞳2001.10.6 - 2002.3.30 / 西尾祐里2002.4.6-2003.3.29 / 藤本えみり2003.4.5-2006.9.30 / 川瀬良子2006.10.7-2009.3.28 / 鈴木万由香2009.4.4-6.27 / 小林克也2009.7.4-2014.3.29, SMAP☆がんばりますっ!!

D 02k Wiki 7, 安室奈美恵 アルバム 売上 25, 重曹 スライム 水が 出る 9, プロスピ 継承 超1 9, タバコ Jet メーカー 4, 阪急 磁気定期 乗り越し 6, サラダ 声優 木の葉丸 16, 冴羽獠香 創作 話 25, アイカツ 新シリーズ 2020 秋 8, 三菱商事 デジタル戦略部 部長 4, Ana 金沢 アフタヌーンティー 7, 義勇 過去 Pixiv 柱 4, 既婚者同士 恋愛 本気 7, 百合 小説 お題 7, 義勇 過去 Pixiv 柱 4, Warframe Ps4 キーボード操作 23, やまと尼寺精進日記 最終回 なぜ 20, 綾野剛 バンド 昔 25, シーバイクロエ ジョイライダー 偽物 10, 栄養 解析検査 横浜 7, ラノベ おすすめ ファンタジー 4, 淀川 バス釣り 難しい 18, Twice 新曲 ファンファーレ 歌詞 13, タケヤ 靴 会社概要 5,