名前: ファーストサマーウイカ(ファーストサマーウイカ) 情報: 1990年6月4日 ふたご座 B型 161cm 大阪出身 ジャンル: 女優 歌手・アーティスト 特技: ドラム 趣味: 飲み歩き 体験レッスン 買い物 一人 … 1990年6月4日生まれ、大阪市出身。舞台女優として活動後、2013年5月にavexのアイドルグループ「BiS」に新メンバーとして加入し、メジャーデビュー。14年7月解散。. 1990年6月4日生まれ、大阪市出身。舞台女優として活動後、2013年5月にavexのアイドルグループ「BiS」に新メンバーとして加入し、メジャーデビュー。14年7月 … 大阪の京橋に生まれ 中学時代に吹奏楽部で打楽器を担当したことをきっかけにドラムをやっているといことです。 生年月日 1990年6月4日. — ファーストサマーウイカ (@FirstSummerUika) October 24, 2020 「女子メンタル」で見せた“裏回し”のスキル. ファーストサマーウイカ(First Summer Uika、1990年6月4日 - )は、日本の歌手[3]、タレント。旧芸名、初夏(ういか)。, 大阪府大阪市出身[4]。劇団レトルト内閣所属[5]。所属事務所はキューブ。BILLIE IDLE®の元メンバー。BiSの元メンバー。愛称は「ウイぽん」「ファッサマ」。バストはD65とInstagramで公表。ニッポン放送元アナウンサーで現在ニッポン放送パーソナリティの上柳昌彦・ファッションデザイナーであり実業家でもあった石津謙介は曾祖叔父[注 1]である[1][2]。, 大阪の京橋に生まれ[6]、中学時代に吹奏楽部で打楽器を担当したことをきっかけにドラムを始め、高校時代はロックバンドを組んで活動していた[7]。高校卒業後は、進路選択時に小学校の卒業文集へ記した「声優」の夢を思い出し専門学校へ通うものの1年で中退[8]。バンド以外にやりたいことを探し始め、ドラムはライブでステージの前へ出ていけないことから「自由に動き回れる役者さんっていいな」と、演劇の道へ進む[5][7][9][10]。, 「大阪 劇団」で検索して上位に表示された劇団のオーディション等へ応募し[9][10]、2009年の「RETORUTO AUDITION 2009」を経て劇団レトルト内閣へ入団[11]。同年10月2日の『哀願ソワレ 〜ハーフビューティな彼女に愛の薔薇一票〜』にて女優デビューし、5年間活動する。この時点での名義は本名の「初夏(ういか)[6]」。派遣のOLやアルバイトで生活費を稼ぎつつ定時に上がって稽古場へ向かい、関西を中心に東京へも遠征するなど小劇場の舞台で経験を積む。2012年秋に上演された音楽劇『ファンファーレ』へ出演し、公演先の東京で友人ができたことをきっかけに「いろんなところでやってみたい」「役者をやるなら一度くらいは東京へ出てみたい」と考え、仕事も所属先もないまま2013年5月に上京する[5][7][9][10]。なお、上京後も劇団に籍は残しており、公演の「アフタートークイベント」や物販にも参加している[5]。, 上京前の2012年末から2013年初めにかけて「初夏」名義で初主演映画『月震のかずみ』を撮影し、2014年8月17日の完成披露試写会で初公開されている[12]。完成披露試写会へは「初夏」で登壇した[13]。金子陽介監督はキャスティングについて「『すごい子がいる。将来大きくなるからぜひ』と共通の知人を介しての紹介だった」と後に語っている[14]。, 上京直後、音楽劇『ファンファーレ』で共演した村田シゲ(□□□)のUstream番組を見て興味を持っていたアイドルグループBiSのオーディション開催をTwitterで発見し、運命的なものを感じて応募し、合格する[7]。本人は「アイドルに憧れも興味もなかった」が「破天荒なアイドルだったので、逆に性に合っていた」と語っている[9]。2013年5月26日、女性アイドルグループのBiSに加入。この際に「ファーストサマーウイカ」という芸名が誕生する。同グループは2014年7月8日に解散。, BiS解散後は女優一本に絞るところを「もう一回グループでやってみないか」とプロデューサーのNIGOから誘われて[15]、2015年1月、元BiSのヒラノノゾミ、オーディションで合格したモモセモモ、ヤスイユウヒと共に音楽グループBILLIE IDLE®を結成し、2019年12月28日の解散[16] までアーティストとして音楽活動を行う[5]。以後、女優として舞台や映像作品への参加も「ファーストサマーウイカ」として活動している。, 音楽活動のかたわらで2016年より再び女優として舞台に立ち、2017年4月よりキューブに所属する[17]。, 2019年1月に放送された日本テレビ『女が女に怒る夜』に初めて受けたバラエティ番組のオーディションを勝ち抜いて出演[18]。「3つのキーワードでウイカをイメージさせたら勝ち」とセルフプロデュースした「宝塚ヘア」「コテコテ関西弁」「毒舌」のミスマッチキャラでバラエティ番組で一気にブレークして[19]「2019年下半期・急上昇テレビ番組出演ランキング<フレッシュ平成世代>」で1位となる[20] など「次世代バラエティークイーン」として脚光を浴び、同年7月期放送の『凪のお暇』(TBS)で連続ドラマに初レギュラー出演[21][22]、同年9月にはファミリーマートの惣菜「お母さん食堂」シリーズCMで香取慎吾と共演[23]、同年11月には『オールナイトニッポン0(ZERO)』(ニッポン放送)で念願の単独パーソナリティを務め[24]、同年12月日本公開の『ジュマンジ/ネクスト・レベル』の日本語吹替で幼い頃の夢だった声優に初挑戦する[25][26]。, 前年の特番の反響を受け、2020年4月期から『オールナイトニッポン0』の月曜日の枠の『ファーストサマーウイカのオールナイトニッポン0(ZERO)』でパーソナリティを務めることが3月9日に発表され[27][28]、3月31日(30日深夜)に初回が放送された[29]。, 私生活では2015年に一般男性と結婚。「今後どこからか自分発信ではない形で、私ごとが公になることがあるかもしれない。それならば、応援してくださる皆様に自分の言葉でしっかりお伝えしておきたい」として、2020年1月1日に、自身のTwitterとInstagramで2015年に一般男性と入籍していた事を発表した[30][31][32]。, 各種報道媒体記載の本人のコメント及び、記事の見出し・記事内の表記には「大おじ」または「大叔父」とあるが、本人のコメント通りだとすれば「私のおばあちゃん(祖母)のおじ(祖母の父母(曽祖父母)の兄弟、または祖母の父母(曽祖父母)の姉妹の配偶者)が石津謙介さん」との事なので、「大おじ(伯祖父/叔祖父)」(大叔父(叔祖父)は祖父母の兄弟の弟にあたる人物の事)にはあたらず、「曽祖伯父/曽祖叔父」となる(5親等の傍系の親族)。なお、この世代の親族の「大おじ」などの明確な呼び名は無い。詳細は, “ファーストサマーウイカ、大叔父きっかけで新たな縁「ニッポン放送の絆が深まって…」”, https://www.oricon.co.jp/news/2174775/full/, ファーストサマーウイカ「自分が誇れるものを…」激動の人生「BiS」「BILLIE IDLE®」時代を振り返る, https://telling.asahi.com/article/12937130, https://www.cyzo.com/2019/08/post_210801_entry.html, 放送内容(2020年7月11日 #167) ごちそう様 ファーストサマーウイカさん, http://www.billboard-japan.com/d%20news/detail/21930/2, http://dot.asahi.com/billboardnews/2014081900043.html, https://www.cyzo.com/2019/08/post_210801_entry_2.html, https://www.cyzo.com/2019/08/post_210801_entry_3.html, “ファーストサマーウイカの次なるビジョンは?準備も万端「月2~3万スってるんです」”, https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/02/28/kiji/20200228s00041000429000c.html, 株式会社エム・データ、2019年下半期・急上昇テレビ番組出演ランキング<フレッシュ平成世代>を発表, “ファーストサマーウイカ「凪のお暇」で連ドラ初レギュラー「あの物語の一部になれる」”, “香取慎吾:“慎吾母”CM初登場 頑張る社会人に「おっつー」 ファーストサマーウイカを慰める”, https://mantan-web.jp/article/20190923dog00m200019000c.html, “ファーストサマーウイカ念願の「オールナイトニッポン0」に「放送コードギリギリで」”, “ファーストサマーウイカ:声優初挑戦でドッキリ疑う 初アフレコは「新品のパンツ」で気合”, https://mantan-web.jp/article/20191123dog00m200031000c.html, “ウイカ、「オールナイトニッポン0」月曜担当の大役に「来年あたり死ぬんちゃうかな」”, https://www.daily.co.jp/gossip/2020/03/10/0013180762.shtml, https://news.mynavi.jp/article/20200316-uika/, "【ご報告】 新年のご挨拶と共に、皆様にお知らせしたい事があり、直筆でコメントを書かせて頂きました。 どうぞ宜しくお願いいたします。", テレ東&TBSが新感覚バラエティー ウイカ、ハナコ岡部、DJ松永がテレ東・佐久間Pとタッグ【コメントあり】, “高橋一生が鍋の〆に真剣すぎる『〆野さん』を熱演!鍋の〆でキッシュ?プリン!?〆野さんの意外すぎるレシピを紹介!ショートWEBドラマ『〆野さん』が10月12日より公開”, 着けていることを忘れるくらい “軽やかなブラの魅力” を表現 ファーストサマーウイカさん 美しく大胆なバックショットを披露 ~ ウイング『エアリーソフトブラ』のイメージモデルに就任 ~, ニベア「肌ととのえ洗顔」 ファーストサマーウイカさん起用の対話型キャンペーンで秋冬の肌のキメを「ととのえる」洗顔を提案, ファーストサマーウイカ オフィシャルブログ「ファーストサマーウイカの有為転変ブログ」, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ファーストサマーウイカ&oldid=80430553, 旧芸名の「初夏」は本名であり、現芸名の「ファーストサマー」の由来となっている。本来なら「アーリーサマー」だが、BiS加入時の命名の際、「初夏の英語はなんだろう」という話になり「この世にまだ存在していない造語がいい」ということで、本来の「アーリー」ではなく敢えて「ファースト」を採用した。本人は「ウイカ」の表記にこだわりがあり、SNSなどで「ウィカ」と誤記されると度々修正のリプライ等を送っている, 小学校の卒業文集にて将来の夢で「声優になりたい」と書き述べたことがあり、かつて声優専門学校に通っていた時期があった。「, 絶叫ソング 〜あなたと私と言い訳人生〜(2010年7月30日 - 8月1日) - 関原 役, SANTA×CROSS(2011年12月2日 - 4日、劇団SE・TSU・NA) - クローチェ 役, 音楽劇『ファンファーレ』(2012年9月28日 - 10月14日、東京/10月20日・21日、三重/10月26日・27日、高知/11月3日・4日、水戸) - ファーレ2号 役, ROAD TO BUDOKAN KOKUGIKAN「WHO KiLLED IDOL?」. ョン動画, まるで筒井作品のようなキャラ, 「神のお告げ」とアイドルに転身, 「女子メンタル」で見せた“裏回し”のスキル, ファーストサマーウイカ、元アイドルがつかんだ「笑いの境地」. ファーストサマーウイカは大阪府出身の28歳で、ウイぽん、ファッサマの愛称で親しまれています。ちなみにファーストサマーは本名である初夏からきています。元々はTwitterでBiSのオーディションに応募したのがキッカケ。過激な演出や幾多のライブを経て、BiS解散後はヒラノノゾミと共にBILLIE IDLEを結成。 BILLIE IDLEは”NOT IDOL”をコンセプトとした音楽グループです。現在のメンバーはファーストサマーウイカ、ヒ … アイドル出身にもかかわらず、歯に衣着せぬ関西弁のトークで大ブレイクしたファーストサマーウイカさん(30)。バラエティー番組の盛り上げ役をはじめ、番組司会やドラマ出演など、多方面で活躍中です。ゲスト出演した「ダウンタウンDX」(日本テレビ系、29日午後10時から放送)の収録後、ブレイクのきっかけやプライベートについて話を聞きました。, ずっと出たかった番組だったので、うれしいです。これまで何度か出演のお話はあったのですが、生放送のラジオ番組出演とダウンタウンDXの収録日が重なっていたんです。今回はラジオから夏休みをもらって出演させていただきました。ダウンタウンのお二人とは何度もご一緒させていただいているので、「初出演のような気がしない」と言っていただきましたが、実は初めてなんです。, ――多くの人がウイカさんを知るきっかけになったのは、2019年1月に出演したバラエティー番組「女が女に怒る夜」(日本テレビ系)でのトークが、元アイドルとの大きなギャップを与えたことでした。, オアシズの大久保佳代子さん、いとうあさこさん、田中みな実さんらが出演されていたんですが、当時所属していたガールズユニット「BILLIE IDLE(R)」(ビリーアイドル)の事務所にお話があって、新人枠のオーディションに参加し、貴重なひな壇の一席に座ることができたんです。それが、初めての単独でのテレビ出演でした。, ――そこでしっかり爪痕を残すことができたのですね。それがブレイクのきっかけですか?, そうですね。「いつかバラエティー番組に出られたらいいな」という夢はあったけれど、出るからには、大ケガしようが、失うものは何もないし、「これが最初で最後のテレビ出演かもしれない」という覚悟で、やれることはやってやろうと思っていました。出演後、番組を見てくださった方から数珠つなぎでお話をいただき、いろいろな番組に呼んでいただけるようになりました。, 去年は、「BILLIE IDLE(R)」の活動と並行して個人の仕事をしていたので、ものすごく大変でした。でも、昨年末にユニットが解散になって、今年に入ってからはお声がけいただいていたお仕事を少しずつやらせていただくことができています。, 大阪で舞台役者をやっていました。幼少期から「ステージ」という空間が好きで、物心ついたときから演劇を積極的に作っていました。面白そうなもの、エンタメであればジャンルはなんでもよくって、中高では吹奏楽部やバンドで音楽にのめり込んでいました。芝居に再び目覚めた高校卒業後、18歳で劇団に入り、4年で20本近くの作品に出演していました。声優の学校にも一瞬だけ通いました。, 学生時代から数々オーディションを受けていたんですが、だいたい書類で落ちる(笑)。事務所にも入れず、劇団だけで活動を続ける中で「さらにステップアップしたい」という思いが高まり、満を持して22歳の春に上京しました。電話営業のOLで貯めた上京資金100万円を持って、何のアテもないけど、とりあえず行きゃなんとかなるだろうと(笑)。, 上京後、家賃4万2千円のワンルームに住んで、特にやることもなくゴロゴロしていた時、アイドルグループ「BiS」の新メンバー募集のツイートを見つけて。正直アイドルは全く知識もなかったのですが、avexのメジャーアイドルだったし、全員面接だったし、何より「面白そうだな」と思ってオーディションに行きましたね。, アイドルになってからは、ハードスケジュールながらもあまりお金が無く、みるみる痩せていってたので、心配したファンの方からの差し入れでお米5キロや缶詰などいただいたりしてました。ライブハウスから持ち帰るのが大変で(笑)。でも当時は本当にありがたかったですね。, ――転機があるごとに良い方向に進んでいますが、それまでの経験と実力があったからでは?, めちゃくちゃラッキーでした。私は「運も実力のうち」という言葉を全力で受け止めるタイプなんですけど(笑)。選択を迫られる瞬間に、決めたことがいい方向に運んでいくことが多くて、それはなぜかと考えた時に、たくさんの方の縁に支えられているからなんですよね。, 例えば、今の事務所に入るきっかけになった先輩俳優さんは、父が大阪でやっていたバイト先で知り合いだった方なんです。私が18歳の頃に、父に「演劇をやりたい」と話したら、「知り合いに役者さんがいるから舞台を見に行こう」と言われ、そこで紹介されたのが、コング桑田さんだったんです。その後も定期的に舞台にうかがい、交流は続けさせて頂いていて、27歳の時に役者業をサポートしてもらえそうな事務所を探しているタイミングで、コングさんに相談させていただいたのが、今の事務所に所属したきっかけです。年齢的にギリギリのラインだったので、ご無理を言って直接キューブの担当の方を紹介いただき、どうにかオーディションを受けさせてもらいました。父とコングさんにはホント頭が上がりません。感謝しています。, BILLIE IDLE(R)のきっかけも、BiSの頃からミュージックビデオを撮ってくださった、クリエイティブディレクターのNIGO(R)さんが、「この後、やること決まっていないなら一緒にやらない?」と声をかけてくださって、BILLIE IDLE(R)をプロデュースしてくれることになったんです。一つ一つが全部つながっているんだ、縁だな」と感じました。, ――出演ドラマ「凪なぎのお暇いとま」(19年、TBS系)、「おカネの切れ目が恋のはじまり」(20年、同)を見ていましたが、演技力は、舞台女優としての経験と実績があったのですね。, やってきたことが無駄にならず、役に立ってよかったです。「凪のお暇」には、毎回違う役で出演していました。1話目はドラマの原作漫画にも登場する役でしたが、プロデューサーさんが全10話の中で、どこに私を入れようかと考えてくださって、原作にないシーンに私のキャラクターを作ってくださったんです。まるで「ウォーリーを探せ」のように、私がどこに出ているか探すというのが話題になりました。, ――ものまね番組で、SHOW-YAの「限界LOVERS」を熱唱していましたが、歌唱力に驚かされました。, 歌も演技もまだまだで自信もありませんが、どちらも大好きなので、たくさん機会を頂けて嬉しい限りです。それまでは、バラエティー番組で「関西弁のうるさいおばちゃん」という見方をされていたけれど、「え、歌えるの?」という目で見てもらえるようになったのかもしれません。ものまねもその時が初めての挑戦でしたが、経験がない分野でも、チャレンジすることで、新しい引き出しが増えた気がします。SHOW-YAさんのボーカルの寺田恵子さんにもツイッターでコメントをいただき、4月には音楽番組で、SHOW-YAさんとコラボさせていただくこともできました。, ――いろいろな人との縁と、つかんだチャンスは決して逃がさないウイカさんの“引き寄せ力”がすごいです。, よくインタビューで「今後の目標は?」と聞かれるのですが、私は大きな目標は持っていません。いただいたチャンスと、人との縁を無駄にしないよう、目の前に与えられたことを一生懸命こなすだけです。, ――10月に始まった木曜深夜のバラエティー番組「任意同行願えますか?」(読売テレビ)で、劇団ひとりさんやDJ松永さん(Creepy Nuts)とともにMCを務めています。, ゲストとしてバラエティー番組に出演するときは、わりと自由にしゃべらせてもらっていますが、MCのときは、ゲストのコメントを引き出したり、うまく番組が回るように心がけたりしています。やってみて、性に合っているなと思いました。, 目標はあまりないのですが、尊敬しているのはハイヒール・リンゴさんです。笑いもニュースもバッサバッサとさばけてかっこいいです! 関東では、女性がメインMCの番組が少ないと思います。関西は、上沼恵美子さんをはじめ、リンゴさんやなるみさんなど女性芸人さんや女性タレントさんが多くメインMCとして活躍していらっしゃる印象で、あこがれはあります。, わりとポジティブな方だけれど、たまに落ち込む時もあります。でも、失敗には必ず理由があるはずだから、原因と結果を照らし合わせて、理論で解消していくことが多いです。, 「今日はゲームをしよう」とか、「どこどこに買い物に行こう」とか、「今日は何をする日」と決めて一日を過ごすようにしています。, ――働きながら家事や育児に奮闘している女性はたくさんいますが、ウイカさんは忙しい中、日々どのような生活を送っていますか?, 家事は家族となんとなく分担しています。忙しい時は完璧にはできないので、「今日はこれをやるけど、あれはやらない」と潔く諦めたりもします。それぞれが「やれたらやる」くらいの気持ちでいる方が、自分も相手も追い込まなくて済むので。, あまりないと思っていたんですが、20代前半とは違い、体に無理がきかなくなったり、体調の変化を感じたりすることはあります。少し大人になったんだと思います(笑)。, 1990年6月4日生まれ、大阪市出身。舞台女優として活動後、2013年5月にavexのアイドルグループ「BiS」に新メンバーとして加入し、メジャーデビュー。14年7月解散。

3000万円 運用 リタイア 10, オヌアチュ 確定 2020 13, 好きな人が他の人に告白 され た 5, スピットファイア Vs 隼 8, Firefox 翻訳 できない 6, ウイイレ 2018 カカ 9, ヤマダ電機 フィギュアーツ 予約 5, 保育園 手遊び歌 動画 4, 柘植 康英 実家 9, 多 部未華子 年齢 5, 社会人サークル 東京 50代 7, 映画 ネタバレ パラサイト 9, 名城大学 刺され た 准教授 名前 56, 森星 自宅 赤坂 47, 野ブタをプロデュース あらすじ 原作 4, スリル 歌詞 ハンサム 6, R1200rs おすすめ タイヤ 13, リモートデスクトップ接続 後 すぐ 切れる Windows7 11, 安室奈美恵 アルバム 売上 25, Efl チャンピオン シップ 放送 5, アリスター オー フレイム 唇 動画 9, 歯固め 木 デメリット 22, 爆豪 強 すぎ 4, ジャニーズwest 小説 裏 10, ブラッキー 色違い かっこいい 4, 名古屋 都会 2ch 14,