Love you all. Machine Gun Kelly, Stipe Miocic discuss unique friendship ahead of UFC 226, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=スティーペ・ミオシッチ&oldid=80406462. ヘビー級タイトルマッチ5分5R。5試合連続KO勝ち・4試合連続1RKO勝利中のミオシッチ。対するガヌーはUFCデビューから6試合連続フィニッシュ。キムラで一本勝ちしたアンソニー・ハミルトン戦以外はすべてKO。こちらも4試合連続フィニッシュを継続中。, ガヌー左ハイ。パンチで出たがそこにミオシッチがシングルレッグ。一瞬倒したがすぐ立つガヌー。ケージでこらえるガヌー。離れたミオシッチがまたタックル。引き剥がしたガヌーがパンチを打ち込む。ミオシッチ頭を振ってかわす。ガヌーのアッパー!ミオシッチもパンチを打ち返す。プレスするガヌーだがミオシッチタックル。ケージに押し込む。膝の打ち合い。引き剥がした。前に出るガヌー。ミオシッチケージまで下がる。ミオシッチの右がヒット。ガヌーのジャブをかわして右!ガヌーパンチで出てきたがそこにタックル!テイクダウン!サイド。頭をまたいで横三角を狙ったが、サイドに戻した。体を起こしてパウンド。ガヌーの立ち際にギロチンを狙ったが離して立った。スタンドに戻る。ガヌーまた出て行く。両者ちょっと疲れたか。組みに行くミオシッチにガヌーアッパー。ミオシッチのパンチがヒットするが、パンチで出る所にガヌーの右フックをもらい効いた!が、そのまま前に出てタックル。テイクダウン!ホーン。, 2R。ガヌーちょっと足が止まっている。もう疲れたか?パンチを出すが体が流れている。足が動かないガヌーに対し、ミオシッチ遠い間合いからローで削っていく。がぬーが出た所にミオシッチタックル。これは切った。ミオシッチ距離を取るが、ガヌー追いかける足がない。ミオシッチの右が入った。ミオシッチのワンツーがヒット。レッグダイブ!切れずに倒されたガヌー。亀になり立とうとするが、上から体重をかけて立たせないようにするミオシッチ。残り1分。ガヌー動けないが、ミオシッチも上に乗ってるだけ。押さえてパンチを入れる。残りわずかでチョークを狙ったがホーン。, 2Rミオシッチ。ガヌー、2Rにして5Rフルに戦っているかのようなスタミナ消費。ミオシッチも疲れているが。, 3R。このラウンドも立っているだけのガヌー。ミオシッチタックル。なんとか切ったガヌー。投げを狙ったがスッポ抜けて前に倒れたガヌー。また2R終盤のように座った体勢のガヌーに上から体重をかけるミオシッチ。ガヌー起き上がり正対。肘を入れて離れたミオシッチ。ガヌーのパンチは足の踏み込みがなく届かない。右を打ち込んだが、追い打ちに行った所にミオシッチのタックル。倒されたガヌー。ハーフで押さえ込んでパウンド。パウンド。強烈な打撃ではないが、ガヌー脱出する体力がない。ケージまで移動して立とうとするが立てない。ミオシッチももう少しでKOできそうなのだが手が出ないか。ホーン。, 4R。ガヌーが出てパンチを出したがカウンターのタックルで簡単に倒される。サイド。ガヌーハーフにして足関を狙ったが、ミオシッチ立って足を抜く。そのすきにガヌーが起き上がるがスピードがなくサイドを取られてしまう。亀になったガヌーにパウンド。ケージ際まで移動するガヌーだが、ミオシッチまた上から体重をかけて潰す。立とうとしたガヌーだが前に倒されパウンドをもらう。ガヌーは手を出して防ぐだけ。肘。残り30秒。ボディを殴るミオシッチだがボディではストップはかからない。ホーン。, 5R。ガヌー棒立ち。ミオシッチタックルに入るがこらえたガヌー。ケージに押し込んだミオシッチ。膝を入れながらテイクダウンを狙う。足にタックルに行くとがぬーはギロチンを狙う。頭を起こして外したミオシッチ。ケージ膠着でブレイク。KOするしかないガヌーだがもう疲れてパンチが手打ち。ミオシッチのパンチがヒット。ガヌー出られず。見合いのまま時間が過ぎる。ミオシッチはもうリスクは冒さない。距離を取る。ガヌーの飛び膝にタックルを合わせたミオシッチだが倒せず。そのままケージに押し込み両者動かないままタイムアップ。, lutalivreさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog スティーペ・ミオシッチ(Stipe Miocic、1982年8月19日 - )は、アメリカ合衆国の男性総合格闘家。オハイオ州ユークリッド出身。ストロングスタイル・ファイトチーム所属。現UFC世界ヘビー級王者。UFCパウンド・フォー・パウンド・ランキング4位。スタイプ・ミオシッチ[3]、スティペ・ミオシッチとも表記される。, オハイオ州ユークリッドでクロアチアから移民した両親の間に生まれた。高校時代は、野球、アメリカンフットボール、レスリングで活躍。各地の大学から8つのスカウト状が届くスポーツエリートであった。進学したクリーブランド州立大学とトレヴェッカ・ナザレン大学でも野球で活躍。州代表に選出され三塁手を務め、4年時には打率.344、ホームラン7本の活躍を収めると、メジャーリーグベースボールのスカウトから声がかかった[4]。, ダン・ボビッシュの練習相手をしたことがきっかけで総合格闘技に興味を持つようになる[4]。, 2006年8月3日、アマチュア総合格闘技デビュー戦で勝利を収め、5連勝を記録する。, 2009年、コーチにアマチュアボクシングをやってみようと誘いを受け、アマチュアボクシングデビュー戦になったクリーブランド・ゴールデングローブでいきなり優勝を果たす。ナショナル・ゴールデングローブでは、後にプロボクシングで世界王座に挑戦するブライアント・ジェニングスに準々決勝で敗れた[4]。, 2010年2月20日、プロ総合格闘技デビュー戦で勝利を収める。その後、小規模大会で6戦6勝6KO・TKOを記録。, 2011年10月8日、UFC初参戦となったUFC 136でジョーイ・ベルトランと対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。, 2012年2月15日、UFC on Fuel TV 1でフィル・デ・フライズと対戦し、スタンドパンチ連打で1RKO勝ち。ノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。, 2012年9月29日、UFC on Fuel TV 5でステファン・ストルーフェと対戦。2Rにスタンドパンチ連打でTKO負け。デビューからの無敗記録が途絶えたものの、ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した[5]。, 2013年6月15日、UFC 161でヘビー級ランキング5位のロイ・ネルソンと対戦し、3-0の判定勝ち。全ラウンドを通して優勢に試合を進め、30-27のフルマークの判定勝ちを収めた[6]。, 2014年1月25日、UFC on FOX 10でヘビー級ランキング12位のガブリエル・ゴンザーガと対戦し、3-0の判定勝ち。, 2014年5月31日、UFC Fight Night: Miocic vs. Maldonadoでファビオ・マルドナドと対戦し、右ストレートからのパウンドで1RTKO勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。当初は同大会でジュニオール・ドス・サントスと対戦する予定であったが、ドス・サントスが拳を負傷し欠場した。, 2014年12月13日、UFC on FOX 13で前UFC世界ヘビー級王者でヘビー級ランキング2位のジュニオール・ドス・サントスと対戦し、一進一退の攻防を繰り広げたが、僅差で0-3の5R判定負け。タイトル戦線から一歩退くも、ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。, 2015年5月10日、UFC Fight Night: Miocic vs. Huntにて、ヘビー級ランキング5位のマーク・ハントと対戦。全局面でハントを圧倒し、5RにパウンドでTKO勝ち。, 2016年1月2日、UFC 195でヘビー級ランキング2位のアンドレイ・アルロフスキーと対戦。1R序盤に右フックでダウンを奪うとそのままパウンドで秒殺TKO勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。, 2016年5月14日、UFC 198のUFC世界ヘビー級タイトルマッチで王者ファブリシオ・ヴェウドゥムに挑戦。前進したヴェウドゥムにカウンターの右ショートフックでダウンを奪い1RKO勝ち。王座獲得に成功し、パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。当初は、UFC 196でヴェウドゥムに挑戦予定であったが、ヴェウドゥムが怪我で欠場したため、UFC 198に延期されていた。, 2016年9月10日、地元クリーブランドで開催されたUFC 203のUFC世界ヘビー級タイトルマッチでヘビー級ランキング3位の挑戦者アリスター・オーフレイムと対戦。序盤に左ストレートでダウンを奪われ、ギロチンチョークを極められかけたものの、脱出した後は打撃でに巻き返して、最後はテイクダウンからのパウンドで1RTKO勝ち。王座の初防衛に成功し、ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。, 2017年5月13日、UFC 211のUFC世界ヘビー級タイトルマッチでヘビー級ランキング4位の挑戦者ジュニオール・ドス・サントスと再戦し、右ストレートからのパウンドで1RTKO勝ちを収め、リベンジを果たすと共に2度目の王座防衛に成功。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。, 2018年1月20日、UFC 220のUFC世界ヘビー級タイトルマッチでヘビー級ランキング1位のフランシス・ガヌーと対戦。試合前のオッズはガヌー有利とされていたが、試合ではガヌーの大振りの打撃を悉く交わし、テイクダウンとグラウンドの攻防で終始圧倒。ジャッジ3者が50-44を付けるほどの一方的な内容で3-0の5R判定勝ちを収め、UFCヘビー級新記録となる3度目の王座防衛に成功した。, 2018年7月7日、UFC 226のUFC世界ヘビー級タイトルマッチで一階級下のUFC世界ライトヘビー級王者ダニエル・コーミエの挑戦を受ける。序盤は打撃とクリンチでプレッシャーを掛け、レスリングでオリンピックに出場したコーミエからテイクダウンを奪ったものの、アイポークのアクシデントを境に徐々に打撃で巻き返され、1R終盤にクリンチ際の右ショートフックでダウンを喫し、追撃のパウンドでKO負け。4度目の王座防衛に失敗し、王座から陥落した。, 2019年8月17日、UFC 241のUFC世界ヘビー級タイトルマッチで王者ダニエル・コーミエと再戦。1Rはテイクダウンを奪われ、グラウンドの攻防で劣勢に立たされ、2R以降も手数とスピーディーな打撃に押され気味の展開となるも、3Rから徐々に巻き返すと、4Rに左ボディブローを再三レバーにヒットさせ、失速したコーミエに追撃のスタンドパンチ連打でTKO勝ち。リベンジを果たすとともに王座奪還に成功し、パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。, 2020年8月15日、UFC 252のUFC世界ヘビー級タイトルマッチでヘビー級ランキング1位の挑戦者ダニエル・コーミエとラバーマッチを行い、3-0の5R判定勝ち。王座の初防衛に成功した。, レスリングで鍛えた体幹の強さと、ゴールデングローブを獲得したボクシングテクニックを併せ持つ[7]。高い精度の打撃を誇り、強烈かつ的確にパンチを当てることができるストライカーである。しかし、決して打撃一辺倒ではなく、レスリングやグラウンドでのレベルも非常に高い。スタミナも豊富であり、5Rマッチも容易に戦い抜く。また、試合中の無駄な動きが少なく、終始相手の持ち味を潰すクレバーな選手である。, UFC on Fuel TV 1: Sanchez vs. Ellenberger, UFC 211: スティーペ・ミオシッチ vs. ジュニオール・ドス・サントス 2.

派遣 庶務 暇 15, プロスピa 動画 Clay 13, アイドル 握手会 気持ち悪い 4, Ark 個人サーバー イベント 11, Rain On Me 歌詞 37, アメブロ アフィリエイト いくら 4, 文 スト 夢小説 出産 25, Youtube 雲霧 仁 左衛門 22, ゲオ 予約 自動キャンセル 32, 言の葉の庭 靴 ダサい 11, ディーンアンドデルーカ 京都限定 タンブラー 8, Jatco Cvt7 オイル 交換 6, フォールアウト76 イベント 2020 4, レスリー チャン 死因 21, Working アニメ Op 5, 魔力の胎動 ラプラスの魔女 順番 4, キングダム 実写 考えてみた 27, 恋つづダイジェスト Youtube 見れない 5, サイボウズ オフィス 在籍 確認 5, モンハン アイスボーン 評価 9, さくら はやぶさ 編成 25, ブルーノメンデス チャント セレ女 6, 本 仮屋 ユイカ 写真集 イベント 名古屋 6, はぐらかす 女 心理 5, 中村ゆりか ギルティ 画像 42, 有吉の壁 タイムマシーン3号 小銭 7, 猫 涙 ご飯 4,